ヒートショックプロテインとは

ヒートショックプロテインを活用するにはタンパク質を日頃から食べる習慣を!

ヒートショックプロテイン(HSP)を活用するには普段からタンパク質を積極的に摂ろう

身体の傷んだ細胞を修復してくれるヒートショックプロテイン(HSP)。

このヒートショックプロテインですが、基本的にはタンパク質の一群。

どんなにヒートショックプロテイン(HSP)を活用しようとも、
元々の体内のタンパク質の量が少なければその効果も低下してしまいますよね。

ヒートショックプロテイン(HSP)の効果以前に、
身体の筋肉や血液などの元になるタンパク質を普段から摂取するのがポイント。

タンパク質=プロテインですが、
プロテインと聞くと「あの筋トレしている人たちが飲んでいるヤツでしょ?」というイメージが強いですよね?

これはこれで間違っていません。

筋トレしたあとには、
きっちりとタンパク質を摂取したほうが筋肉量が増えます。

ですが、
なにもタンパク質というのは筋トレをしている人たちだけが摂るべき栄養素ではありません。

筋トレや運動をする人もしない人も、
日々の生活を送っていく上でタンパク質(プロテイン)というのは必要不可欠なんです。

身体を温めることによってヒートショックプロテイン(HSP)の効果は期待できますが、それと同時に普段からタンパク質を十分食事に取り入れるともっと健康になるんです。

日頃から積極的にお肉を食べてタンパク質を摂っていこう

日頃から十分なタンパク質を摂取している人って意外と少ないんです。

タンパク質といえば、
牛肉や豚肉、鶏肉などのお肉や納豆などの豆類、そしてお魚がメインとなります。

こうしたタンパク質を、
朝昼晩の食事に積極的に取り入れていますか?

  • 太っちゃうから食事は抜きにする
  • サラダだけでお腹いっぱいになる
  • あまり肉は食べたくない
  • ラーメンとチャーハンで腹を満たしたい

人によって食事の嗜好や傾向は様々。

ですが、
人間が活動していく上でタンパク質は大事な要素です。

タンパク質が不足すれば、
元気がなくなったり、病気になりやすかったり、肌質が落ちたり、逆に太りやすくなってしまいます。

こちらのツイートにもあるように、
タンパク質というのは人間にとってメリットが多い栄養素なんです。

身体に必要なタンパク質がなければ、
ヒートショックプロテイン(HSP)の効果も当然十分に見込めませんよね。

普段の食事から、
積極的にタンパク質を取り入れることが健康にとって大事なんです。

一日に必要なタンパク質の量は体重(kg)×約1~2g

人間にとって必要な一日のタンパク質の量ですが、

自分の体重(kg)× 1~1.5g

が理想です。

「筋トレをしてもっと筋肉量を増やしたい!」

と思っている人は、
自分の体重1kgに対して2gほどのタンパク質を摂取すればいいでしょう。

体重が60kgの人なら、
一日のタンパク質は60g前後を摂取すればいいということです。

ですが、
毎日欠かさず自分の体重から計算されたタンパク質を摂取するのは大変。

そこで、
まずはそこまでタンパク質の量にこだわらずに、食事の中に肉や魚、納豆などを取り入れていくことから始めましょう。

近年の健活ブームにより、
多くの飲食店でサイドメニューとして納豆や豆腐などを販売してくれます。

普段食べ慣れている食事に、
タンパク質のメニューを一品加えるくらいの軽い感じで始めればストレスも少ないですよね。

また、
間食などにコンビニのサラダチキンやゆで卵を食べる、というのもいい方法ですよね。

身体のタンパク質の量が増えれば、
その分身体を温めた時のヒートショックプロテイン(HSP)の効果もより一層期待できます。

身体を冷やさないようにしてヒートショックプロテイン(HSP)を活用しつつ、
普段からタンパク質を積極的に食べてタンパク質不足にならないようにしましょう。